« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

総決起集会!

ある候補予定者の総決起集会に参加。2回も握手!

写真は、以下のブログに掲載
https://ameblo.jp/toukaishi-syaroushi/entry-12488410150.html

藤野英人氏のメッセージ

今日(6月30日)の中日新聞朝刊「マナビバ」、著名人が、まだ何者でもなかった若い時代を振り返る「あの頃」で、投資家の藤野英人へのインタビューが掲載されてました。

若者へのメッセージで、氏は、以下のように仰ってます。

暗い未来を語る人もいますが、これからは多くのチャンスに恵まれています。IT化や働き方改革が進めば、働く場所の制限が緩くなり、自由度度が高まる。自動車の自動運転が実現すれば、移動が楽になって事故のリスクも減る。空き家が増えるので住む場所の選択肢も増えます。
確かに選択肢が多くなるので、「何をして生きていくか」が問われることになり、昔のようにいい大学を出て大企業に入れば安泰ということにはならないでしょう。でも、自分で人生を選んで自立するのは楽しい。わくわくする未来が待っていますよ。

自分で人生を選んで自立することは、若者だけでなく、中高年にも楽しいですし、中高年にとっても、明るい未来だと思います。

https://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=659143&comment_sub_id=0&category_id=549

2019年6月29日 (土)

ドラゴンズ4連勝!

ヤッター!ドラゴンズ4連勝!

改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた

源泉所得税の納期の特例制度を選択しているので、7月は、源泉税の納付です。
改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかたは、国税庁のHPで公開されてますね。

以下、その内容。
【「平成」が印字された納付書の記載にあたってのお願い】
○ 現在お持ちの納付書に印字されている「平成」の二重線による抹消や「令和」の追加記載などにより補
正をしていただく必要はありません。
○ 平成 31 年4月1日から令和2年3月末日の間に納付する場合、納付書左上「年度欄」は「31」と記載
してください。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/kaigennitomonau/pdf/001.pdf

今日(6月29日)の私の履歴書 石原信雄氏「阪神大震災」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月29日)の第28回は、「阪神大震災」です。

1995年(平成7年)1月17日朝、散歩中にNHKラジオで阪神大震災の第一報を聞いた。
私も、その日は、たまたま、奈良の友人の家に泊まっていた。
直後のNHKニュースでは、京都あたりの様子は、伝えられたが、神戸の情報は、つたえられなかったですね。
情報伝達の遅れがありましたね。

未来の地図帳

すきま時間で、「未来の地図帳」を読み始めました。
https://gendai.ismedia.jp/list/books/gendai-shinsho/9784065160893

2019年6月28日 (金)

サニブラウン 圧勝!


日本陸上競技選手権大会男子100m決勝は、予想通りサニブラウン・ハキーム10秒02で、圧勝でした!
サニブラウンは、世界標準ですね!

今日(6月28日)の私の履歴書 石原信雄氏「自社さ政権」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月28日)の第27回は、「自社さ政権」です。

氏は、以下のように仰ってます。
自民党が対極にある社会党左派と組んだ村山内閣では、対立していた懸案の処理が一気に進んだ。一つが消費税を5%に引き上げる法律で、導入時の減税先行分を補えるようになった。
年金の支給開始年齢を引き上げる年金改革法、政治改革の仕上げとなる小選挙区の区割り法、邦人救出に自衛隊機を使う自衛隊法改正も成立した。社会党の立場と異なる法案の処理に村山総理は苦しかったと思うが、国民のためにはよかった。

自民党と立憲君主で、政権を作ると、対立している懸案が進むかも?

村山氏とクリントン氏が、田舎談義で馬があったとのこと。
コール独首相も英語ができなかったとのこと。
面白いエピソードでした。

JR東海、定年65歳に延長

日経新聞電子版(6月27日)によると、JR東海が、27日、社員の定年を60歳から65歳に延長すると発表したとのこと。

以下記事そのまま掲載
2020年4月から実施し、実施日時点で50歳以下の社員を対象とする。少子高齢化で採用環境が厳しくなるなか、60歳以上の経験豊富な人材を生かす狙い。
定年延長はJR各社の中で初めて。東海道新幹線やリニア中央新幹線の建設など将来的な事業の広がりを見据え、人手不足に対応する。

実施時点で、50歳以下の社員を対象とすところが、キモ、ですね!
60歳での退職金支給ニーズが強いということでしょうか?
個人的には、ホンダの選択定年制が、社員ニーズにあっていると思っています。

陸上男子100m決勝そして走高跳

いよいよ、今日(6月28日)、20:30、日本陸上競技選手権大会において、男子100m決勝が、あります!
準決勝では、サニブラウン・ハキーム10秒05、小池祐貴10秒09、桐生祥秀10秒22。
スタートで大きく出遅れても、余裕を持って走れたサニブラウン・ハキームが、9秒台で、優勝か?
そして、走高跳の戸邉直人(トベナオト)。2m27の跳躍は素晴らしかった!
苗字も「トベ」とは、高跳びの申し子!
https://www.jaaf.or.jp/jch/103/timetable/day-02.html

2019年6月27日 (木)

一宮市職員が出張旅費返還 民生・児童委員の研修

6月25日の新聞各紙の愛知県版に、民生・児童委員の研修に随行した一宮市職員の随行費用(旅費)が、公費で賄われていたことに対し、旅費が全額返納していたと報道されてます。

民生委員・児童委員は社会奉仕の精神をもって、住民の立場に立ち、地域の方の健康状態や生活状態を把握し、必要な相談・援助を受けられるようにし、地域福祉の向上に努めております。
民生委員は地域福祉の向上のため、厚生労働大臣より委嘱されています。また、民生委員は児童福祉法に基づき、児童委員を兼ねるとされています。(東海市のHPより)

思うに、民生委員は、ボランティアの精神で、わずかな手当で、地域の活動をしています。
まさに、市町村がやるべき業務を行っています。
民生委員・児童委員の手当を増やすことを検討すべきだと、個人的に思っています。


朝日新聞電子版を以下に掲載

愛知県一宮市の職員らが2013~17年度に民生・児童委員の研修旅行に随行した際、公費でまかなわれた旅費の全額約13万円を今月になって市に返納していたことが分かった。この支出をめぐっては、住民が市を相手取り、「実態は観光旅行」として公金の返還を求める訴訟が名古屋地裁に提起されている。
 市は24日、「適法な支出と考えているが、研修時間が少なく、観光重点の日程だった」と不適切さを認めた。18年度の旅費約2万5千円も返されたという。

https://www.asahi.com/articles/ASM6S543ZM6SOBJB009.html

ノ-サイド・ゲーム

久々、池井戸潤の本を買いました!
https://www.diamond.co.jp/book/9784478108376.html

今日(6月27日)の私の履歴書 石原信雄氏「北朝鮮危機」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月27日)の第26回は、「北朝鮮危機」です。

1994年(平成6年)2月11日、日米首脳会談に臨んだ細川護熙総理大臣はクリントン米大統領から「北朝鮮の核開発は今、止めなければ将来に禍根を残す。経済制裁で米軍が周辺海域を海上封鎖した場合、自衛隊は機雷掃海で協力できるか」と打診された。

結局、米国は海上封鎖を見送る。6月のカーター訪朝で危機は回避されたが、あのとき海上封鎖していれば北朝鮮の核開発は阻止できたのではないかと思うこともある。

経済制裁で、海上封鎖という手段があるんですね。
でも、海上封鎖をしていたら、軍事衝突の可能性があったのでしょう。

2019年6月26日 (水)

【ねんきんネット】 年金受給者のみなさまへ ~必ず定期的にご自身の年金記録をご確認ください~

日本年金機構から、以下のメールを貰いました。
「ねんきんネット」が便利になったようです。
平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除がスタートしましたね。


「ねんきんネット」ご利用者 様

日頃から、日本年金機構の「ねんきんネット」をご利用いただきありがとうございます。

◆年金見込額試算

「ねんきんネット」では、年金受給者の方でも、「働きながら年金を受け取ることができる場合」など、さまざまな条件で年金見込額を試算できます。


◆電子版通知書の確認と再交付申請

日本年金機構から送付された「年金支払いに関する通知書」(年金振込通知書や源泉徴収票等)の内容を電子版で確認・ダウンロードできるほか、原本が必要な場合には「ねんきんネット」の利用者メニューからいつでも再交付申請をすることができます。


◆「ねんきん定期便」の見直しについて

◆平成31年4月から、国民年金及び厚生年金の被保険者に、毎年誕生月に日本年金機構が郵送する「ねんきん定期便」について、
・文字を減らして大きくすることで見やすくする、
・グラフを活用して分かりやすくする、
・「年金の受給開始年齢は選択できること」や「受給開始時期を遅らせた場合のメリット」をお知らせする、
などの見直しを行いました。
この機会に、ご自身の年金記録に「もれ」や「誤り」がないかご確認いただくとともに、将来の年金額に関する情報を確認してみましょう!

◆「ねんきんネット」では、電子版「ねんきん定期便」のサービスを提供しており、本年6月から、同様の見直しを行う予定です。この電子版は、郵送の「ねんきん定期便」よりも1~2ヶ月程度早く内容を確認できることや紙で管理・保存する必要がないペーパーレス化のメリットがあります。

◆「ねんきんネット」では、「ねんきん定期便」の郵送停止を登録することができますので、登録がお済みでない方は、郵送費用の節減とペーパーレス化の推進のため、便利な電子版をご利用いただき、郵送停止のご登録をお願いします。


◆平成31年4月から産前産後期間の国民年金保険料が免除となります。「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方が対象となります。下記のページでは、制度の内容を掲載しているほか、届出用紙のダウンロードもご利用いただけます。

 https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20180810.html

なお、制度の詳細は、お住いの市(区)役所または町村役場の国民年金担当窓口及び年金事務所にお問い合わせください。

免除を受けるためには届出が必要です。ご家族、お知り合いの方で産前産後免除の対象となられる方がいらっしゃいましたら、ご周知いただければと思います。


◆「ねんきんネット」には、下記のページからログインできますので便利な機能をぜひご利用ください。

▼PCをご利用の方はこちら

https://www3.idpass-net.nenkin.go.jp/neko/Z01/W_Z0101SCR.do

▼スマートフォンをご利用の方はこちら

https://www3.idpass-net.nenkin.go.jp/sp_neko/Z01_SP/W_Z0101_SPSCR.do


今後も、便利で充実したサービスを提供できるよう努めて参りますので、引き続きよろしくお願い致します。

今日(6月26日)の私の履歴書 石原信雄氏「コメ市場開放」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月26日)の第25回は、「コメ市場開放」です。
コメの市場開放問題は、関税化を先送りして最低輸入枠を設ける部分輸入に落としどころで、決着した。

何年かに一度、各省に大物次官が出る。省益より国益を優先できる人物で、農林省の京谷次官はまさに大物だった。当時の官邸は人事権がなく、次官が首をかけて徹底抗戦したら押し切れない。貿易立国の立場が問われたときに京谷次官、塩飽審議官という人を得たことで日本は救われた。

農林省の省益を優先する次官だったら、コメの市場開放問題は、解決しなったとのこと。

2019年6月25日 (火)

高齢者への投信販売、保険乗り換え、不適切販売

今日(6月25日)の日経新聞電子版によると、日本郵政傘下のかんぽ生命保険が契約者の負担増につながる保険商品を販売していたことが24日分かったとのこと。ゆうちょ銀行でも高齢者への不適切な投資信託の販売が発覚した。いずれも完全民営化を見すえた高い販売目標が一因とみられる。郵政グループはノルマ営業の見直しを進める。

普通の民間金融機関では、10年以上前の古典的不適切販売で、どこもコンプラ規制が厳しいはずですが、郵政グループは、今頃、問題になっていることが、問題。

ただ、高齢化が進むと、金融機関だけでなく、いろんな業種で、不適切販売が起きてくるのでは?

今日(6月25日)の私の履歴書 石原信雄氏「非自民政権」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月25日)の第24回は、「非自民政権」です。

1993年(平成5年)8月6日、日本新党の細川護熙代表が総理大臣に指名された。自民党を出た新生党の小沢一郎代表幹事が主導した8党派の非自民連立政権である。

小選挙区制導入で、いよいよ、短命政権が続きます。

2019年6月24日 (月)

今日(6月24日)の私の履歴書 石原信雄氏「自民党分裂」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月24日)の第23回は、「自民党分裂」です。

 

金丸事件で、竹下派は、小渕系と小沢系に分裂状態となったとのこと。
政治改革法案が焦点になり、小沢氏が、自民党を出て行った!
壊し屋の始まりですね!

 

2019年6月23日 (日)

同一カード3連勝!

今日のドラゴンズは、日本ハムに、8対4で勝利!
同一カード3連勝!
吉田輝星を、ノックアウトで、ドラゴンズ打線が、意地を見せた!
初回表、2点先攻されても、その裏、3点取って、すぐ逆転!
8点裏の井領の2塁打、遠藤の3塁打などであげた、ダメ押し2点が大きかった!
平田の復活で、打線に厚みができた。
先発陣も頑張って来た!
ドアラの体調が心配だが、5点差逆転負け、16点大敗の悪夢から、立ち直ったか?

8回終わって、4点リード

今日のドラゴンズ、8回終わって、8対4と、4点リード
8回裏の2点のダメ押しが大きい!
今日は、どうか?

吉田輝星

今日のドラゴンズ対日本ハムは、ロメロと吉田輝星が先発。
ここに根尾がいたら、もっと、盛り上がるのですが、とにかく、ドラゴンズ打線の意地を見せて欲しい!

今日(6月23日)の私の履歴書 石原信雄氏「PKO協力法」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月23日)の第22回は、「PKO協力法」です。

「PKO協力法」、「天皇訪中」、「河野談話」についてでした。

河野官房長官は総理に代わり、慰安婦問題を収束させようと最後まで心を配っていたとのことですが、徴用工含め、未だに、収束できないことは、本当に残念です。

2019年6月22日 (土)

7回裏、5対1でリード!

今日は、7回裏、5対1で、ドラゴンズリード!残り2回、逃げ切れるか?

今日(6月22日)の私の履歴書 石原信雄氏「政治改革法案」


2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月22日)の第21回は、「政治改革法案」です。

政治改革法案は、一度は、廃案になったんですね。
小選挙区制の恐ろしさは、その頃は、あんまり意識されなかったんでしょうね。
議席数と得票率の乖離が凄いですね。
政権交代が起きるとは?

2019年6月21日 (金)

ドラゴンズ、勝った!

今日は、ドラゴンズ、4対2で、勝った!

3点リード

8回終わって、ドラゴンズ、4対1で、リード!今日は?

オリンピックチケット

会社の先輩からメールを貰いました。
たくさん申し込んだ結果、一部当選しました。

2020年7月28日 14時〜17時
東京ベイゾーン
(葛西臨海公園隣に建築中)
カヌー スラローム 女子決勝 表彰式 ¥5000

どうですか?

64年に一度のイベント。
ご相伴に預かることにしました。
これから、カヌー競技を勉強します。

https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/

2019年6月20日 (木)

今日(6月20日)の私の履歴書 石原信雄氏「日米構造協議」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月20日)の第19回は、「日米構造協議」です。

日米間は、「通商協議」「貿易協議」の歴史ですね。

2019年6月19日 (水)

久々電子申請

今夜、久々、労働保険年度更新の電子申請。
年度更新は、アクセスコードがついているので、大変便利です。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/roudouhoken21/index.html

高校野球の予選のスコア?屈辱的大敗!

昨夜(6月18日)のドラゴンズは、西武に、2対16と、屈辱的大敗!
逆転サヨナラ負けとは違う、悔しさの残らない(負け惜しみ)大敗か?
4点先攻されて、2点を取り返したところまでは、試合になってたが。
せっかく二軍にあがってきたイケメン伊藤凖規の8失点はいただけない!
3回以降、1点も取れなかった打線も不甲斐ない!
元ドラゴンズの小川龍也の登板が嬉しかった!
貴重な左腕で、頑張っている!
大野雄大で、今日は、お返しだ!
(負け犬の遠吠えか?)


今日(6月19日)の私の履歴書 石原信雄氏「リクルート」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月19日)の第18回は、「リクルート」です。

リクルート事件は日本の政治の流れを変えたといえる。

そして、リクルートは、多彩な人材を生む会社でしたね!

2019年6月18日 (火)

今日(6月18日)の私の履歴書 石原信雄氏「昭和天皇崩御」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月18日)の第17回は、「昭和天皇崩御」です。

大喪の礼の準備は早くから始めた。まず葬場殿というお宮に使うヒノキが必要だった。国内ではそろわず、明治期に台湾の阿里山に植えたものが適しているという。

ヒノキが、台湾で調達しているとは、ビックリ。
でも、ヒノキは日本と台湾にのみ分布するそうだ。
貴重な木なんですね。

2019年6月17日 (月)

2カード連続の勝ち越し!

今夜(6月17日)のドラゴンズは、ロッテに、5対4で、勝利!
1点差で迎えた、9回裏、ノーアウト2塁・3塁のピンチに、ライデル・マルティネスが、2奪三振などで、無失点で、逃げ切る!
よくぞ抑えた!
2試合連続の悪夢の逆転負けを何とか免れ、2カード連続の勝ち越し!
先発ロメロが、7回4失点も、129球、11奪三振の力投!
7回、投げ切ったことが大きかった!
そして、打線も、2点ビハインドの4回表に、4得点の集中打で、逆転!
投打の意地で、もぎ取った勝利!
明日から、ナゴヤドームで、6連戦。
2ヶ月ぶりの、ナゴヤドームでのカード勝ち越しなるか?

今日(6月17日)の私の履歴書 石原信雄氏「消費税導入」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月17日)の第16回は、「消費税導入」です。

ふるさと創生1億円事業と消費税導入の話でした。

大平内閣の一般消費税、中曽根内閣の売上税が導入失敗のなか、竹下内閣で、3%の消費税を導入できたのは、竹下氏のリーダーシップのお蔭ですね。

でも、ふるさと創生1億円事業は、バラマキの悪い例ですね。

中日スポーツを読みたくない朝

今朝(6月17日)は、中日スポーツを読みたくない朝です。
今シーズン6回目のサヨナラ負け!
9回表は、5点差ある投球をしなければ!
ヒットは打たれてもいいが、四球はだめで、どんどんスタライクを投げ、アウトカウントを取っていく。
3点ぐらいとってもいい投げ方をしなくては!
(野村克也なら、もっと、頭を使えというはずだ!)
田島の井上、レアードへの2四球が最悪!
結果論ですが、先発は、6回まで投げて、3回をリリーフ投手でまかなうべき。
先発5回降板で、リリーフ4回が、うまくいくケースは、少ない!
負け試合の1イニングと勝ち試合での1イニングでは、重圧は全然違う!
7回、8回好投していたロドリゲスとライデン・マルティネスが、9回だと、こんな調子になってしまう。
言うまでもなく、岩瀬の偉大さがわかる!
とにかく、今日勝って、カード勝ち越しだ!

2019年6月16日 (日)

今日(6月16日)の私の履歴書 石原信雄氏「首相官邸入り」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月16日)の第15回は、「首相官邸入り」です。

1987年10月31日、中曽根裁定で「竹下総理」が決まると、後藤田正晴官房長官から「官邸に行ってもらう」と正式に連絡があった。

官邸に入るにあたり、郷里の先輩の福田赳夫先生にあいさつに伺った。「官房副長官は血の小便が出るポストだぞ。政治と行政の狭間で、役所の筋を通しながら最後はまとめなければならない」。
ありがたい指南と覚悟を決める話を伺い、重責を改めて感じながら官邸に入った。

本当に、重職ですね!

2019年6月15日 (土)

今日(6月15日)の私の履歴書 石原信雄氏「事務次官」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月15日)の第14回は、「事務次官」です。

税務局長だった1981年(昭和56年)5月、森岡敞事務次官が急逝し、6月から急きょ官房長になった。翌82年7月に財政局長、84年7月に事務次官に就任した。

官庁のトップが、何故、次官なのか、よーくわかりませんね。
あくまでトップは、大臣だからか?

2019年6月14日 (金)

周平君3打点・猛打賞と大活躍!

今夜(6月14日)のドラゴンズは、ロッテに、4対1で勝利!
1対1の同点で迎えた9回表、ビシエドの勝ち越し適時打、周平君の2ランで、一挙に3点!
昨夜の悪夢の逆転サヨナラ負けを吹き飛ばす!
5番に、降格した周平君は、第1打席で、15打席ノーヒットを続けたが、第2打席で、先制適時2塁打で、打棒復活、そして、第3打席もヒット、第4打席は、勝利を決定づけるダメ押し2ランと、3打点・猛打賞の大活躍!
そして、柳裕也が、9回124球1失点の完投で、7勝目!
疲れ気味のリリーフ陣も、これでスタミナが回復できたのでは?
明日は、ロメロ!
グローブを投げて勝利を喜ぶ彼の姿を是非見たい!

中日ドラゴンズ公式ファンクラブ メールマガジン第172号(2019/6/14)

中日ドラゴンズ公式ファンクラブ メールマガジン第172号(2019/6/14)を頂きました!

深谷 惠久 様

漢詩「勧酒」(于武陵)の一節に「人生足別離」があり、それを作家の井伏鱒二は「サヨナラだけが人生だ」と絶妙に和訳しました。 「サヨナラ」は野球にも付き物。既にドラゴンズは5回のサヨナラ負けを喫しています。
その一方で、歓喜爆発の「サヨナラ勝ち」は…。過去、4月中、遅くとも5月には「サヨナラ勝ち」を記録。昨年はここ数年で最も遅い6月7日のロッテ戦が初記録でした。
来週は、今季2度目となるナゴヤドーム6連戦。そろそろ、ナインがグラウンドで飛び跳ねるシーンを見たいのですが。

全く同感です!

今日(6月14日)の私の履歴書 石原信雄氏「美濃部都政」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月14日)の第13回は、「美濃部都政」です。

美濃部亮吉氏、鈴木俊一氏、石破二朗氏、山中貞則氏、大林勝臣氏のお話でした。
無分別な無料化行政は、能率の低下を招くことを「美濃部都政」は、教えてくれたようです。

2019年6月13日 (木)

今日(6月13日)の私の履歴書 石原信雄氏「自治省財政課長」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月13日)の第12回は、「自治省財政課長」です。

大蔵省の藤井裕久氏と長岡實氏に、陰に陽に自治省の先輩以上に助けてもらったとのこと。
石原氏だから言えることでしょう。
他の人なら、自治省の諸先輩に袋叩きになるでしょうか?

2019年6月12日 (水)

5カードぶりのカード勝ち越し!

今夜(6月12日)のドラゴンズは、オリックスに、6対2で勝利!
5カードぶりのカード勝ち越し!
パ・リーグの最下位チームとなら、勝てる!
2対2の同点の8回表、満塁のチャンスに、京田の勝ち越し適時打、井領の走者一掃適時3塁打で、一挙4点で、オリックスを突き放す!
6回、7回とチャンスで、得点できず、京田の勝ち越し適時打は、大きかった!
大野雄大が、7回・98球・2失点と力投し、4勝目!
明日は、41歳・山井で3連勝だ!
周平君の9打席連続ノーヒットが、少しだけ気になる!

伊藤蘭と天童よしみ

今朝(6月12日)の中日スポーツの芸能欄に、伊藤蘭と天童よしみが、掲載されてました。
伊藤蘭は、引退後、41年ぶりのソロコンサート!
キャンディーズのヒットナンバーも6曲歌ったとのこと。
そして、天童よしみは、初ラブソング!
新曲「大阪恋時雨」は、大阪弁のラブソング!
是非聴きたい!
二人とも、64歳!
女は強し!
男も負けてはいられない!
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019061102100042.html

2019年6月11日 (火)

接戦を制す!

今夜(6月11日)のドラゴンズは、オリックスに、2対1で勝利!
接戦を制す!
売り出しの山本から、38歳藤井淳志が、先制適時2塁打。
追いつかれた後、大島洋平が、貴重な勝越し適時打!
数少ないチャンスを、何とか得点
先発阿知羅も、5回3分の2を1失点と好投!
6回裏、四球押し出しで、1点取られた後の、2アウト満塁のピンチを、三振で切り抜け、7回、3者凡退で抑えた岡田俊哉が、2年ぶりの勝ち投手!
ロドリゲス、ライデル・マルティネスも、完璧リリーフ!
久々、粘りの与田野球!
何とか、カード勝ち越しを、明日の大野雄大で決めたい!

今日(6月11日)の私の履歴書 石原信雄氏「岡山の部長時代」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月11日)の第10回は、「岡山の部長時代」です。

1967年(昭和42年)4月、岡山県に赴任した。

高度成長の現場に差す光と影を経験した岡山は、後から考えてみれば、役人人生で最後の地方勤務になった。子供たちは小学生だったが、年末年始に家族で四国に旅行したりもした。忙しい中でも多少はサラリーマンらしい生活ができた時期だった。

家族写真の氏の表情は、楽しさに、あふれてます!

「高齢社会における資産形成・管理」

金融審議会市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」(51ページ)が、議論を呼んでます。

長生きリスクがあるので、従来の貯蓄では、資金が足りなくなることもありますよ。
ですから、しっかり資産形成・管理をしないといけませんよ。
というレポートです。
(もちろん、私も、全ページは読んでませんが。)

国会で、議論する前に、国会議員全員で、報告書の読み合わせをしたほうが、いいと思います。

当たり前のレポートで、年金制度が悪いということは、どこにも書いてません。
国語力の問題です。

年金制度で、生活資金をすべて賄えると思っている人は、誰もいません。
また、年金額以上の金額での生活レベルをしたいと思ってます。
しかし、今ぐらいの年金を貰えることに、感謝している厚生年金受給者は、多いでしょう。(国民年金だけの人は、厳しいでしょうが)
長生きリスクに備えるためには、預金を増やすか、働くか、生活費を切り詰めるか、あるいは、子供の支援を貰うか、生活保護を受けるかでしょうか?
ただし、老人ホームに入ったり、介護状態になったりすると、お金がかかります。
蓄えを増やしていくべきだと思うのは、普通の大人でしょう。
すべて、国が面倒をみてくれる世の中にするには、税金や社会保険料をどれくらいかかるかわかりません。

長生きリスクは、当たり前のことだと思いますが。

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603.html

2019年6月10日 (月)

警察と児童相談所

札幌での、児童虐待(殺人)で、児童相談所が、警察の同行を、提案されながら、人手がないことを理由に断っていたことが、報道され、児童相談所の対応が非難されてますが、個人的には、違和感があります。
既に、傷害の案件であり、警察が、児童相談所を頼らずに、出動すべき案件では?
児童相談所の体制どうのこうのの議論よりも、警察の体制を強化すべきです。
児童虐待は、犯罪であり、第一次的に、強制力のある警察が担当しないと、児童の命は、守れないのでは?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000075-mai-soci

サニブラウン 久保建英

20歳、陸上100メートル9秒97!
そして、サッカーA代表に、18歳デビュー!
サニブラウンは、出して当たり前すぎ!
通過点なのが、凄い!
久保建英は、ドリブル、パスの素晴らしさ!そして視野の広さ!緩急に加えてスピードもあって、フィジカルも強い!
長友が「ドラえもんみたい」と表現しているが納得!

2019年6月 9日 (日)

今日(6月9日)の私の履歴書 石原信雄氏「福田裁定」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月9日)の第9回は、「福田裁定」です。

1960年(昭和35年)6月、安保闘争のさなかの東京に戻った。ポストは見習いをした財政課の課長補佐である。霞が関では課長補佐が一番仕事をする時期だ。

仕事を沢山する時期はありますね。

神野秀幸君ミニコンサート


神野秀幸君のミニコンサートの模様は、下記アメブロに!
https://ameblo.jp/toukaishi-syaroushi

2019年6月 8日 (土)

交流パフォーマンス 神野秀幸君

本日(6月8日)、17:45から、東海市芸術劇場交流パフォーマンスにて、神野秀幸君のギター弾き語りのミニコンサートがあります。
今回は、70年代フォークで、
遠い世界に、戦争を知らない子供たち、あのすばらしい愛をもう一度
を歌う予定とのこと。
https://www.tokai-arts.jp/tokai_ac/

今日(6月8日)の私の履歴書 石原信雄氏「鹿児島へ」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月8日)の第8回は、「鹿児島へ」です。

鹿児島県に広報文書課長として赴任したのは1956年(昭和31年)8月。
鹿児島では座右の銘も見つけた。西郷隆盛の有名な「敬天愛人」だが、氏は城山トンネルの石碑で初めて知ったとのこと。天命を受け入れ、接する人を理解して付き合うという考え方は、対人関係が重要な役人の生き方に通じると思う。

西郷隆盛は沖永良部島へ流された時、『嚶鳴館遺草』に出会ってます。 

『嚶鳴館遺草』とは、東海市出身の江戸時代の儒学者・細井平洲の言説を弟子たちがまとめた書物で、後世の人々に大きな影響を与えました。西郷隆盛は 『嚶鳴館遺草』を 「民を治むるの道はこの一巻を以て足れりとす」と断言したといわれています。
(童門冬二氏)

2019年6月 7日 (金)

5連敗でストップ

今夜(6月7日)のドラゴンズは、楽天に、13対3で、勝利!
連敗を、やっと5で止める。
今季初一軍の藤井敦志が、豊橋でないのに、3ラン!
武山真吾の2二塁打!代打松井佑介の適時二塁打!
そして、最後に、亀澤恭平の適時三塁打!
代役の活躍で、大勝!
柳は、7回128球、1失点で、6勝目!
3点リードの4回表、1アウト満塁のピンチを無失点で、抑えたことが、今日の勝因!
そして、バッターとして、送りバントを2回、キッチリ成功させたことで、藤井の3ラン、松井の適時打につながり、自分の投球を援護した!
明日、勝つことが重要!
イケメン岸を打ち崩しせるか?
勝利の雄たけびで、グラブを叩きつけるロメロを見てみたい!

今日(6月7日)の私の履歴書 石原信雄氏「東京での見習い」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月7日)の第7回は、「東京での見習い」です。

地方財政は理想の制度と、現実の財源確保のせめぎ合いの歴史であると仰ってます。

財政課の見習い時代に人生の伴侶とライフワークが定まった。

ライフワークを持てたことが、役人生活において、どれほど、幸せだったことか?
もちろん、人生の伴侶を得られたことが、一番の幸せですが。

2019年6月 6日 (木)

御座候!

某球団連敗のストレス解消に、暑いさなか、御座候!
写真は、下記、アメブロに!
https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12473078620

今日(6月6日)の私の履歴書 石原信雄氏「茨城県庁着任」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月6日)の第6回は、「茨城県庁着任」です。

1952年(昭和27年)春、地方自治庁に入った。といっても霞が関で働くわけではない。茨城県庁着任した。

向かいの同じ総務課の山口新一氏の家にはよくごちそうになり、風呂を借りることもあった。山口氏には妹がいた。氏の奥様になる照子氏である。しょっちゅう出入りするうちに自然に親しくなり、付き合い始めた。

私が、大変お世話になった叔母も、照子さんでした。

2019年6月 5日 (水)

今日(6月5日)の私の履歴書 石原信雄氏「地方自治庁へ」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月5日)の第5回は、「地方自治庁へ」です。

民間(日本興業銀行、八幡製鉄)に面談したが、企業側が期待する回答をしなかったので、お呼びがかからなかったので、公務員になる気持ちを固めた。

省の選択に迷っているとき、二高の校長だった野口明先生が「二高の先輩で大蔵省銀行局長を務めた愛知揆一君に相談したらよい」と紹介してくれた。

「大蔵省は国の財政を扱うところだが、仕組みができあがった役所で、そこで仕事をするのもよいが、一方、地方は占領下に大きく変わり、講和条約で日本が主権を回復した後は、地方制度をどうつくるかが大きなテーマになる」。愛知揆一氏は2つの道を示したうえでこう説かれた。「新しい制度づくりに携わるのは役人としてやりがいのある仕事ではないかな」。この言葉が氏の進路を決めた。

7/27ベイスターズ戦

7月27日、ベイスターズ戦のチケットを購入しました。
東海市からは、デーゲームの方が嬉しい。
その頃、せめて4位でいて欲しい。
ドラゴンズファンのささやかな願いです。

http://dragons.jp/ticket/sales/index.php?month=201907

2019年6月 4日 (火)

今日(6月4日)の私の履歴書 石原信雄氏「旧制二高」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月4日)の第4回は、「旧制二高」です。
氏は、フランス語と寺社巡りが、幸いして、東大に合格したとのこと。

試験当日、フランス語の問題は存外にやさしかった。英語は難しく、英語で受けたフランス語クラスの級友は不合格。

寺社巡りは意外な御利益があった。東大入試で「奈良時代の仏教芸術について論じよ」と出題されたのである。

人生、何が幸いするかわからない。

ナス

今年も、なすを植えました!
写真は、下記、アメブロに!

https://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=12466729805

2019年6月 3日 (月)

今日(6月3日)の私の履歴書 石原信雄氏「勤労動員」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月3日)の第3回は、「勤労動員」です。

もともと古墳の多い土地に育ち、歴史が好きだったが、戦時下で文科系を志望するのは国賊扱いだ。中学ではみな陸軍士官学校か海軍兵学校を受けさせられた。私は海兵を受けたが、身長155センチで基準に足りず不合格。群馬県で最も難しいのが桐生工業専門学校で、ここを出ると中島飛行機ですぐに技師になれた。当時は中島飛行機に勤めながら農家を守るのがよいとされ、氏も桐生工専に進んだ。

終戦は渋川で迎えた。桐生工専は爆撃を受けず、9月からさっそく授業である。化学は好きだが、数学が思うように伸びないとやはり限界がある。就職を考えていた中島飛行機も解体されてもうない。もともと好きな文科系に進みたくなった。

農学校に行かず、中学校に進んだ。そして桐生高専を中退し、仙台の旧制第二高に進学した。

いよいよ、役人への道が見えてきた。

2019年6月 2日 (日)

今日(6月2日)の私の履歴書 石原信雄氏「養蚕農家の長男」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月2日)の第2回は、「養蚕農家の長男」です。

氏は、群馬県の養蚕農家に生まれたとのこと。

7人兄弟の長男で、おじやおばが一緒に暮らし、雇い人も出入りする大家族で育った。近所はみな石原姓だ。濃い人間関係に鍛えられ、相手の立場を理解しながら主張すべきは主張し、収めどころを考えるという人との接し方が知らず知らず身についた。役人は対人関係がうまくいかないと務まらない。

主張すべきところは、主張するがキモですね。
YESマンでは、いけない!

小学校の成績は中くらいで、級長をしたこともなかった。東大に入ったとき、小学校の先生に「なぜ君が東大に行けたのかわからない」と言われたくらいだ。
当時、中農の長男は小学校から小学校高等科を経て農学校に入るのが通例だった。同級生は30人ほどいたが、旧制中学を受けるのは1割ほどで主に地主や機屋の息子だ。農家の長男で勉強ができたわけでもないのに氏は何となく中学に行きたいと思っていた。
そして、1年遅れで、太田中学に入学した。

農学校に進んでいたら、役人への道は、なかったですね。

2019年6月 1日 (土)

今日(6月1日)の私の履歴書 石原信雄氏「令和時代」

2019年6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣官房副長官 石原信雄氏。
今日(6月1日)の第1回は、「令和時代」です。

氏は、「元来、国民の痛みを伴うことは言いにくいのが政治家だ。役人は社会保障の将来を考えて痛みを伴う改革も言わなければならない。そうしなければ結局、ツケは国民に回る。」と仰ってます。

衆愚政治や大衆迎合主義のツケは、国民に回るということ。

官僚の独善もいけないが、そうかといって官邸がオールマイティーで各省が萎縮してしまうのも困る。その兼ね合いが令和の時代の「政と官」の課題であり、官邸と各省の間合いが望ましい方向に定着してもらいたい。

石原氏だからこそ「モノ申す」ことができますね。

フォト

深谷経営労務管理事務所のホームページです。

無料ブログはココログ