« がん治療 仕事との両立 | トップページ | 伊藤塾2014年度行政書士「本試験分析会」に参加します。 »

2014年11月15日 (土)

女子アナ 内定白紙 日本テレビ提訴

クラブ勤務を理由にアナウンサー内定を取り消しになった女子大生について、新聞、雑誌等で話題になっています。

中日新聞の今日(11月15日)の朝刊によると、東京・銀座のクラブでアルバイトしたことを理由に内定を取り消したのは不当だとして、日本テレビに地位確認を求める訴訟を東京地裁に起こしているとのこと。

 

内定取消=契約の解約

 

通常の解雇と同様、正当な理由がなければできない。

 

学校を卒業できなかった場合や所定の免許・資格が取得できなかった場合、健康状態が悪化し働くことが困難となった場合、履歴書の記載内容に重大な虚偽記載があった場合、刑事事件を起こしてしまった場合などには内定取消が正当と判断され得る。

 

果たして、東京・銀座のクラブでアルバイトしたことを理由に内定を取り消したことは、正当の理由にあたるか?

« がん治療 仕事との両立 | トップページ | 伊藤塾2014年度行政書士「本試験分析会」に参加します。 »

起業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子アナ 内定白紙 日本テレビ提訴:

« がん治療 仕事との両立 | トップページ | 伊藤塾2014年度行政書士「本試験分析会」に参加します。 »

フォト

深谷経営労務管理事務所のホームページです。

無料ブログはココログ